Trout Heart's お知らせ Back

閉伊川の「標識のついたサクラマス(ヤマメ)の再捕獲にご協力ください」

2016年も、4月24日(日)、岩手県宮古市の閉伊川河川敷において『櫻鱒稚魚放流会』が行われました。

主催:閉伊川漁業協同組合さん、協賛:さんりくESD閉伊川大学校さん、東京海洋大学さん、Trout Heart'sで、毎年春に『櫻鱒稚魚放流会』が開催されていますが、それに伴い、サクラマス研究のためのイラストマータグ(蛍光標識)付けと、再捕獲による調査・研究活動が行われています。

閉伊川イラストマータグの付いたヤマメサクラマスを捕獲された方は、是非調査にご協力ください


放流個体
閉伊川押角養魚所生まれのヤマメ
平成26年4月 閉伊川ゆったり館前河川敷放流 3000尾
平成27年4月 閉伊川ゆったり館前河川敷放流 3000尾
平成28年4月 閉伊川第三堰堤下流河川敷放流 5000尾(100kg)

イラストマータグ(蛍光標識)が目の後のあたりについているものが稚魚放流会による放流魚です。
26年・27年は黄色、28年はオレンジ色のマークが付いています。

捕獲された方は、
捕獲場所
捕獲方法
尾数
全長
をお知らせください。
また、
頭部
背骨(頭部から約20cmくらいまで)
をお送りください。
薄謝を進呈とのことです。

ご連絡は下記までお願いします。

閉伊川漁業協同組合 北村 0193-62-8711
さんりくESD閉伊川大学校 水木事務局長 090-2274-6031
東京海洋大学 佐々木教授 090-6625-4204

頭部にチセキがあり、閉伊川へのサクラマス遡上の解明をする研究に使用させて頂きます。

頭部着払い送り先(冷凍)
〒 108-0075
東京都港区港南4-5-7
東京海洋大学 佐々木剛 宛て

 
pagetop
inserted by FC2 system